最近起きたなりすまし事件を元に、ウィルスに感染したパソコンの怖さと、ウィルスに感染しない方法を説明します。

パソコンも風邪をひく?ウィルスにご注意
パソコンも風邪をひく?ウィルスにご注意
パソコンも風邪をひく?ウィルスにご注意

パソコンも風邪をひく?ウィルス注意報なのです

第三者がパソコンの持ち主になりすまして、掲示板へ犯罪性のある書き込みを書き込んだ事件は、皆さんの記憶に新しいことと思います。そのせいで、何の罪もない人たちが警察に連行され、間違った処分を受けた人まで出してしまいました。この事件の原因は、パソコンの持ち主がWEB上から無料のソフトやデータをダウンロードした時に、悪意のある第三者がこっそり忍ばせたウィルスまでダウンロードしてしまったからなのです。そのウィルスが勝手に起動し、第三者に乗っ取られて、悪意のある書き込みに使われたしまったのでした。そしてもうひとつの原因は、安全性の低いパソコンだったということもあります。パソコンの安全性は、常に持ち主が気にかけておかなければならない点でもあります。今回のように、第三者に乗っ取られて犯罪に使われるだけでなく、ネットショッピングなどで使うために銀行口座やクレジットカードの暗証番号などを記憶させていたら、それを盗まれてお金を引き出されてしまうかもしれません。そういう事態にならなかったとしても、時にはウィルスが原因でパソコン本体が不調になり、修理なりリカバリがー必要になる場合もあります。どちらも、困った事に変わりはありません。

では、どうしたらそんな事態にならないように出来るのかという事ですが、それにはやはり、アンチウィルスソフトのインストールが最重要になります。そして、そのアンチウィルスソフトも常に最新の状態にしておく必要があります。もっとも最近のアンチウィルスソフトは、自動更新で最新状態にしてくれるようになっているものが殆どですので、とにかくアンチウィルスソフトのインストールが一番です。その他に安全性を確保するために有効の手段は、定期的にマイクロソフト社が更新するマイクロソフトアップデートで、パソコンの脆弱性を潰しておく事です。動画系のソフトであるアドビリーダーなども最新バージョンにしておきましょう。WEBを閲覧するブラウザの中には、検索で並んだURLの安全性を表示してくれるものもあります。危険性のあるサイトには、近づかないのも安全性を保つために必要です。更に加えると、発行者が不明な内容が良く判らないソフトやデータはダウンロードしないということです。これらの事に注意してもらえると、ウィルスに感染する危険性はかなり低くなります。安全性を高め、パソコンライフをどうか楽しんでください。